敏感肌 化粧水 20代

MENU

化粧水がヒリヒリする方へ

他の年代に比べ、比較的バリア機能が高めの20代ですが、ストレスやもともとの肌の質によっては、化粧水がヒリヒリしたり、季節の変わり目に肌が赤くなってしまったり、カサカサしてしまったりする、敏感肌の方もいらっしゃいますよね。

 

このカテゴリでは、敏感肌の方の症状や原因、その対処法についてご紹介しています。

 

まずは、一般的な敏感肌の方の基礎化粧品の選び方についてご紹介します。

 

20代向け|敏感肌に合う基礎化粧品はコレ

 

■成分に気を付ける
ドラッグストアなどで販売されている安い化粧水の中には、通常の肌では問題がなくても敏感肌には反応してしまう成分が入っている事があります。

 

パラベン
合成界面活性剤
鉱物油
アルコール
合成香料

 

等がその代表格の成分ですが、これらの成分は、化粧水の防腐剤の役割をしていたり、スーッとする清涼剤の役割をしていたり、通常のお肌には何ら問題がありません。

 

ところがお肌のラメら構造が破壊されたバリア機能が低い敏感肌の方がこれらの成分が入った化粧水をつけると、ヒリヒリしたり、赤くなったりしてしまうのです。

 

まずは敏感肌の方は「成分に気を付ける」ということを覚えておきましょう。

 

■トライアルセットがあるものがベター
実際に口コミで評判の良い商品があったとしても、それが本当に自分の肌に合うかどうかは、まったくわかりません。

 

100%の方の肌に合う基礎化粧品というものは存在していないのが実情です。

 

「高い化粧水を買ったのに、肌に合わなかった。。。」

 

そんなことがないようにトライアルセットがあることを確認してください。トライアルセットは通常1週間から3週間の期間お試しできるように設定されています。

 

短い期間だけなので、バリア機能が高まったかどうかまでは実感することができないかもしれないですが、少なくとも自分の肌に合うかどうかは確認することができます。

 

トライアルセットで試して、肌に合うようであれば、本品購入をして、今度は実際に敏感肌が改善されるかどうかを長期的に確認すればよいのです。

 

ですから「トライアルセットがあるもの」を選ぶようにしましょう。

 

敏感肌に圧倒的な人気を誇る基礎化粧品はコチラ

敏感肌向け化粧水|20代の肌ケアについて記事一覧

 

季節の変わり目に特に気になる「ゆらぎ肌」は、お肌への外部からの刺激が原因となって現れる肌トラブルです。一般にスキンケアに気を使うのは年配になってからというイメージがありますが、20代の若い女性が肌荒れに悩むケースも増えてきています。ゆらぎ肌を改善・対策するためには、まず原因となるお肌への刺激を減らす事が効果的です。刺激が一切ない敏感肌向け基礎化粧品はコチラ例えば、睡眠中常にお顔のお肌に触れているこ...

 
 

20代女性の肌荒れの原因はほとんどが乾燥です。お肌の乾燥を回避するためには、化粧水を使ってこまめに保湿することが大切です。しかし、意識的に保湿をしているにも関わらず、肌荒れがなかなか改善しない例もあります。美容液で保湿をしてもなかなか肌トラブルが治らないときには、使う美容液を変えてみる事で効果が得られる場合もあります。化粧水によっては、お肌の表面を潤すのみで皮膚の奥深くまで成分が浸透しない製品もあ...

 
 

敏感肌に人気の化粧水敏感肌に人気の化粧水はズバリ「オラクル化粧水」です。オラクル化粧水が敏感肌に人気の理由その1.お肌に刺激を与える成分を一切使っていないオラクルはお肌に悪い成分とされる、パラベンなどの化学的な保存料※合成界面活性剤合成香料動物系油脂鉱物油などを一切使用していません。※植物成分の中には、自然の防腐効果をもつものがあるので植物の力を利用しています。その2.自社農場で育てた有機植物のみ...

 
 

肌荒れの原因にはさまざまな要素がありますが、そのうちのひとつにホルモンバランスの崩れがあります。ホルモンバランスが最も崩れる代表的な時期は年配女性の閉経後ですけど、20代の若い女性であってもストレスや生活習慣の乱れが原因となったり、生理前には大きくホルモンバランスが崩れます。人々が常にストレスにさらされている現代日本では、デリケートな時期の肌荒れに悩む20代女性が増えてきています。月経の前の肌荒れ...

 
 

自分の肌が、乾燥しているかどうかがはっきりわからない場合でも、肌はすでにかなり乾燥しているということがあります。20代という若い年齢でも、肌の乾燥が進行してしまうと、保湿ケアをしているのに肌がカサカサしたり、乾燥しすぎて顔の皮がむけるという症状が起きることもあります。乾燥による皮むけは、日焼けの後のように肌が大きくベロりとむけるわけではなく、ジャガイモが白く粉をふいたような感じで、カサカサと白くな...

 
 

化粧水をつけた時に、肌がピリピリすることってありませんか?ピリピリするというのは、肌が乾燥していて、普段は大丈夫なスキンケアが、肌にとって大きな負担となっている証拠です。いつもは大丈夫だから、と肌のSOSサインを無視して同じスキンケアを続けていると、肌は乾燥肌だけでは済まず、敏感肌に進行してしまうことも十分に考えられます。そのため、少しでも肌がヒリヒリするような場合には、敏感肌が進行しないように徹...

 
 

10代の頃は皮脂分泌も活発なので、無茶なスキンケアをしていても肌が乾燥することは少ないものです。しかし、20代に入ると誰でも皮脂分泌が思春期の頃ほど活発ではなくなるため、皮脂分泌が少ないUゾーンが乾燥しやすくなってしまいます。特に、食事の後に口の周りをナプキンで拭いたり、自分のクセなどで口元に触れることが多い人の場合には、口の周りが乾燥しやすくなってしまい、ひりひりしたり、皮がむけて白く粉をふいて...

 
 

20代になると、10代の頃と比べて皮脂分泌も低下するために、肌は乾燥しやすくなりますし、ストレスや生活習慣の崩れなどによって、肌はトラブルを起こしやすくなってしまいます。また、慣れないメイクで過ごす時間が長くなったり、間違ったスキンケアによって肌が乾燥したり、乾燥肌が進行して敏感肌になってしまうケースも少なくありません。特に、乾燥肌や敏感肌の症状はたくさんあり、肌の皮がむけて白く粉をふいた状態にな...

 
 

敏感肌になると、化粧水などのスキンケア商品で肌がピリピリしたり、赤くなったりしてしまいます。今までは大丈夫だった化粧水でも、肌が敏感になりすぎてしまうと、使用すると赤みが出たりひりひりすることはあります。こうした肌荒れは敏感肌によるものですが、敏感肌は乾燥肌が進行したことにより起きているので、根本的に肌質を改善するためには、十分な保湿ケアが必要です。肌荒れと赤みを根本解決する基礎化粧品はコチラ敏感...

 
 

■20代で花粉症が始まるのは珍しくない子供の頃には花粉症で困ったことはなくても、20代になってからある日突然花粉症が始まってしまうことは少なくありません。花粉症はアレルギーの一種で、鼻や目などの粘膜部分でなくても肌のバリア機能が低下することによって肌がかゆくなったり赤くなったり、肌荒れなどのアレルギー症状を起こすことがあります。花粉症は一度かかると毎年発症しますが、肌のアレルギー症状ならバリア機能...