頬 でこぼこ ニキビ跡

MENU

頬が凸凹でお悩みの方へ

頬などが肌荒れによりでこぼこになっている状態を「ミカン肌」と呼びます。

 

この肌荒れの主な原因は毛穴の開きです。毛穴が開いて目立ってしまっている状態は、まさにミカンの皮のようにブツブツです。ニキビ跡などが原因となって起きるでこぼこ肌もあります。

 

この場合、まるでクレーターのように目立つへこみが無数にできてしまっているので、毛穴が開いている状態よりもさらに目立ちます。ニキビはできた時だけではなく、治った後のケアも重要なのです。

 

スキンケアを正しくできていないと、ニキビが治ってもニキビ跡が残ってミカン肌につながってしまいます。

 

一時的な肌荒れではなく慢性的な肌荒れになると、長い期間をかけてできあがった分、対策にも時間がかかることを覚悟しましょう。

 

お肌がでこぼこになっているときは、基礎化粧品などでスキンケアをしようとしてもなかなか効果が現れにくい状態です。皮膚の表面の角質層が硬くなっているため、どんな基礎化粧品をつけても浸透しにくいためです。

 

肌トラブル対策に効くと評判の化粧水を選ぶのも良いですが、その効果がお肌の奥まで届かなければせっかくの化粧水も無駄になってしまいます。

 

まずは化粧水が浸透しやすい肌を目指すことから始めましょう。頬がでこぼこするミカン肌の対策には、角質層を柔らかくする効果を持つ化粧水が高い効果を発揮します。

 

まずは硬くなった角質を柔らかくして、美容成分がお肌に入り込みやすい状態を作らなければいけません。

 

表面が柔らかくなったお肌は外部からの刺激にも強くなるため、肌トラブルが起きにくくなります。

 

肌の奥を柔らかくし頬のデコボコを治す人気化粧水はコチラ

頬のでこぼこの悩み|頑固なニキビ跡はお肌を柔らかくする化粧水関連ページ

20代、ニキビ肌と毛穴の悩み|大人ニキビの治し方
20代、ニキビ肌と毛穴の悩み|大人ニキビの治し方、では、ニキビ肌と毛穴にお悩みの20代の方向けに、大人ニキビの治し方についてご紹介しています。